メインイメージ

広告業界を新たに

株式会社USグループ 代表栗林卓也氏

広告業界に刷新を起こした人と言えば、株式会社USグループ・栗林卓也氏の名は外せません。
以前は広告と言えばテレビや新聞、雑誌、ラジオの四大媒体で、中小企業や個人が手軽に打てるものではありませんでした。

しかし現代、媒体トップであったテレビCMの座はリモコンやビデオの発展、多チャンネル化により脅かされています。
そういった媒体を中心とした広告業界は長く大手広告代理店の独占状態にありましたが、加えてインターネットの普及、さらにはSNSの発展により情報は誰もが発信できる時代に。四大媒体はパソコンやスマートフォンなどニューメディアに取って代わられています。

「テレビCMはすごい」「繁華街の大きな看板はすごい」などといった広告媒体の優劣で購買意欲を煽ることができなくなった今、広告内容には一層質が求められています。
SNSの拡大で副次的に起こっているのが、一般層の広告レベルの高まりです。「フォロワーを増やしたい」「いいねが欲しい」、そういった目的で一般層の擬似広告、擬似集客力が底上げされ、”インフルエンサー”として一般人でも大きな影響力を持てるようになりました。

しかし、それは同時に情報過多ということでもあります。溢れる情報の中から人目に触れるにはどうすればいいか、そのノウハウを自力で確立するのはほぼ不可能と言っても過言ではありません。
第四次産業革命とも言われるこの高度情報化社会で、インターネットを使った広告・集客は必須。他社・他者と差別化をはかり、勝ち抜く術が求められています。

USグループのリスティング

そんなIT広告業界を風靡する株式会社USグループ
代表取締役の栗林卓也氏は、「広告や集客という投資のハードルを下げ、誰にとっても手軽で、より効果が確実なものにしたい」と話します。

一般の広告媒体と多くのインターネット広告には、前者がターゲティングが難しく空撃ちが多い一方、後者は予め関心のある層が検索するため、ターゲットが絞られ広告主の目的を達成しやすいという違いがあります。
そこで重要になってくるのが、ターゲットど真ん中の層を取りこぼさず、サブターゲットとなる集団を吸い上げるリスティングワードです。リスティング広告とは、「検索連動型広告」とも呼ばれており、検索エンジンの検索ワードに基づいて表示されるテキスト広告のことです。

クリック課金制と入札形式が取られ、検索ユーザーのワンクリックで課金されていきます。
つまりあるキーワードに対しワンクリックいくらかを入札し、落札できればそれが検索された際上位に表示され、クリックされる度に課金するというシステムです。そのため効果の見込めるワードほど人気でクリック単価は高額になり、見込みがないような不人気のワードは安くなりますが、中には不人気ながら費用対効果の高いワードも見られます。

USグループの最大の強み、ひいては栗林卓也氏が広告業界を席巻した理由がこの類稀なワード抽出センスでした。
それだけでも十二分に光る企業だったのが、近年はさらに驚くべきスピードで成長しています。的確なワード抽出を自動で行う自社システムの開発に成功したというのです。費用及び時間の大幅な削減が実現し、小規模な個人通販サイトでもプロ集団のサービスが受けられるようになりました。

それだけではありません。入札システムも分単位で分析・入札を行うため、ワード抽出システムと連携した緻密なリスティング戦略が可能です。
ハイコスト・ハイリターンが常だったリスティングがこれらによって40%近くもコストダウンされ、業界には変革が起きています。個人や中小企業の台頭が進む一方、今まであった「PRでトップに来るのは力のある企業の商品」などといったイメージのお陰で、ブランディングにもひと役買っているほど。

リスティングは、その性質上クリックがコンバージョン(目的達成)に繋がらなければ最悪マイナスです。つまりはクリックだけが目的ではないということ。
クリック数、性別、年齢層、地域、時間、時期、気候、経済動向や時制…影響する多様な要素を細かく把握・分析し、検索する側の心理を読み解く途方もない作業の積み重ねが必要です。リスティングは専門知識が求められるので、商品に自信のある個人もこういったプロに任せれば間違いないでしょう。

USグループの取組み

リスティングばかりが目立ちがちですが、他にも広告集客においてオールマイティな技術、圧倒的データ数を誇っています。

一つはSEO対策です。リスティングとSEOは似ているようで全く異なる集客方法ですが、「SEOはどれだけ検索サイドになりきれるか」だと栗林卓也氏は言います。

SEOは「対ユーザーかつ対検索エンジン」で、検索エンジンの優先事項はユーザーだからです。
そのためSEOと共に重要かつSEO対策にも繋がるHPデザインも請け負っており、一貫したサービスが受けられると各界からも高評価です。
今後も株式会社USグループ、代表・栗林卓也氏の躍進と、広告業界に与える影響に目が離せません。