メインイメージ

USグループのSEO対策

株式会社USグループ 代表栗林卓也氏

リスティングと共にUSグループの2本柱であるSEO対策

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」とも呼ばれています。
検索結果のトップに表示されるリスティング広告の下に、複合的な要素で上位から掲載されます。

メリットの一つはリスティングと違ってコストがかからないことで、さらにリスティング広告は避けられることもあるのに比べ、SEO上位のクリック率は圧倒的です。
費用なしで集客力が高いので、インターネット集客の要になっています。

そんな誰もが上位を目指すSEOですが、基準はクリック数だけではありません。
SEO対策で重要なのは仕組みの理解です。

Google検索エンジン最適化スターターガイドによるとGoogleのポリシーは「関連性と信頼性が最も高い情報を提供する」こと。
「ユーザーファースト」であることを優先し、数百ものアルゴリズムで順位を決定して検索結果に反映しています。

具体的には大きく分けて3点です。
まずE-A-T(専門性、権威性、信頼性)という基準があり、ユーザーの目的に添えているかが判断されます。

次にYMYL。
Your Money Your Life」の略で、最新ニュース・イベント、政治・法律、経済、ショッピング、健康、人種・宗教、不動産、求人などがこの領域です。
こういったテーマの場合、それに誤った情報が記載されていると人々の生活に大きな影響を及ぼすことがあるため、評価基準がかなり厳しくなっています。

最後に「掲載順位を上げるために不正行為をしないこと」です。
あたかも信頼できるページのように装うなどブラックハットSEOと呼ばれる不正行為が流行した時期もありましたが、現在はアルゴリズムの精度向上によりそういった手法は不可能で、該当行為があった場合は無効化やペナルティが課されます。

ただ、日々アップデートされるアルゴリズムを分析し、その度最適なSEO対策を取るのは至難の業でしょう。
せっかく確立した上位の位置がアップデートによって下位に変わる、などということは頻発します。

栗林卓也氏率いる株式会社USグループ(6010401091598)のエンジニアチームは、常に最新の基準に対応して上位表示を守るべく、デザイナーチームと連携した万全の体制を取っています。