メインイメージ

広告とUSグループ

株式会社USグループ 代表栗林卓也氏

広告の役割

広告の役割は消費活動の促進です。
そしてその消費活動に伴う生産活動により、経済成長が促されます。株式会社USグループはその一端を担い、代表·栗林卓也氏のもと豊かで快適な社会を目指して研磨を続けています。

サブイメージ1

広告とは「世間に広く告げること」です。
王朝の周知や商店の看板など広告自体は紀元前から存在していましたが、最初の大きな転換期となったのは四大媒体の一つ、新聞の始まりでした。新聞は一度に多くの人々に同じ情報を提供できるため、広告効果が飛躍的に高まったことは言うまでもありません。

次にテレビ放送の開始。視覚と聴覚両方に訴求できるようになったことで、視覚の新聞·雑誌、聴覚のラジオとは比較にならない、絶大な広告効果と広告ビジネスの拡大を生み出しました。そして高度経済成長により広告の需要は更に高まり、それがまた更に経済成長を起こしていきます。

第三の転換期はインターネットです。
ある個人が今必要としている情報を表示できるIT広告、そのリアルタイムであり個別であるという特長は、広告の究極形だと言えます。ユーザーは従来のように受動的に広告を受け取るのではなく、検索することでリスティングや最適化された情報を得られるようになりました。

その広告が表示されている段階で潜在的ターゲットであるため、そこから更に購買意欲をそそるPRがされていれば容易に消費に繋がります。更にインターネットの普及により、それは購買効果だけではなく、原点に立ち返るように周知やブランディングの意味も持つようになりました。

そんなIT広告時代の購買モデルとして電通が発表したのが「AISAS」です。

AISAS

Attention(注意)、Interest(興味、関心)、Search(検索)、Action(行動)、Share(共有)の略で、広告によって商品を知り、商品に惹かれ、購入するか判断するために検索し、購入し、ネット上で評価を共有する、という複雑化したユーザーの行動を表しています。

そうしたユーザーの能動的な行動によって、一方的だった広告主・企業とユーザーの関係は双方向とも言える状態になりました。そして企業の目的も「購入」から「推奨、共有」へと変わり、よりよい商品をと生産行動も加速します。これらは広告が社会に持つ大きなパワーであり、栗林卓也氏が掲げるUSグループの信念、ユーザーファースト=顧客·企業ファーストということが社会全体の発展に繋がっています。

サブイメージ2